株式会社アートテクニカル トヨタテクニカル株式会社 SAT-BOX
採用情報

エントリー

ホーム > エンジニアの声 > 【ソフトウェア開発 藤方】英会話なんてやったことのなかった私が、ここまで海外留学の楽しさを味わえるとは!

エンジニアの声

ソフトウェア開発 藤方

英会話なんてやったことのなかった私が、
ここまで海外留学の楽しさを味わえるとは!

現在は、システムエンジニア(SE)として大手通信会社の基幹システムやWeb系業務アプリケーションの開発に携わっています。当社の場合、正社員として安定したポジションを保ちながら、いろんな会社のいろんなプロジェクトに携われるというのが大きな魅力ですね。

そんな私の大きな転機となったのが、会社の制度を利用して行ったイギリス(オックスフォード)への海外短期留学でした。もともと海外へは行ってみたいという希望を持っていた私ですが、仕事中心の日常の中で、なかなか機会を見出せないでいました。 そんな折会社から、「短期留学へ行ってみないか」という言葉をもらいました。特別英会話ができる訳でもないし(本当にできるのは挨拶だけ)、最初は迷いましたが、せっかく会社が用意してくれている制度だし、何より“こんなチャンスは二度とない!”という思いから、決断しました。

しかしながら現地に着くと、そんな不安は一瞬にして消えました。まずホームステイ先のホストファミリーがとても優しかったこと。留学生の受け入れ経験も豊富で、とても歓迎してくれました。 約10日間の日程のなかでメインとなった語学研修もとてもよい経験となりました。正直なところ短期間の授業で語学力が急に上がったとの実感はありませんが、環境の違いや雰囲気など、参加することにより得たものは数多くありました。 また観光がてらいろんな場所へ出かけたのも大きな収穫です。なかでもホストファミリーと一緒に行ったボートンオンザウォーターという町は、イギリスのベニスとも言われるくらい水と町並みが美しいところで、本当に感動しました。(一生のうち1回は行かれることをお奨めします。)

留学を通して一番得たことは、相手に自分の思いや意見をきちんと伝えることの大切さがわかったこと。とくに、わからないことは人にちゃんと聞いて確かめるという姿勢は、他国へ一人で行くとすぐに身につきます。この姿勢を身に付けたことは、帰国後の仕事のなかでも大変役に立っていますし、観光旅行では到底身に付かないスキルだと思います。本当に海外留学をして良かったと思います。当社に入れば誰にでも可能性のある話ですので、ぜひチャンスを活かし、積極的に海外へ行っていただきたいと思います。

一覧に戻る

PAGE TOP